〈いさとふぁーむ〉 紅ほっぺ近況

 

ネットベリー スタッフの石場です。

 

いさとふぁーむの山下勇人さんは、

ハウス2棟で紅ほっぺを栽培しています。

 

1年のうちで最も気温の低くなる1~2月にかけては、

いちごがじっくりと時間をかけて甘くなる時期です。

 

 

今年は暖かいので、天気のいい日は、ハウスの中の温度は30℃にまで上昇するそうです。

毎日の天候を見て、こまめな温度管理が欠かせません。

 

今はちょうど一番はじめに咲いたいちごの花(第一花房)からとれるいちごの収穫ピークを終え、

次の2番目の花が実へと変わりはじめる時期。

じっくりと、果実に色がつくのを待ちます。

 

 

この頃には、少し小ぶり~中くらいの大きさのいちごが増えてくるそうです。

「小さいお子さんが食べるのに、ぴったりのサイズかな」と山下さん。

 

 

 

山下さんの手で丁寧にならべられた、

真っ赤な、つやつやの紅ほっぺ。

ひと粒に、さわやかな甘みと酸味がぎゅっと詰まっています。

 

 

 

2019.01.31 いさとふぁーむ

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL