2019元旦_ご挨拶

あけましておめでとうございます。

大森ファームの大森です。

いまこうして、無事にお正月を迎えられるのは、お応援してくださった皆様のおかげです。

心より御礼申し上げます。

 

清水寺(島根県安来市)

 

就農一作目前半戦、トライアスロンで言えば、スイム終わったところでしょうか。概ね順調に推移していると思います。「かおりの」は夏の高温に対応しきれず苗の状態がとても悪かったのですが、丁寧に管理した結果、年内収量は160g/株と合格点と思われます。一方で定植や管理が「かおりの」優先になりがちだったせいか、「紅ほっぺ」は年内収量が「かおりの」の半分程度とスタートダッシュに失敗してしまいました。直接の原因は定植時期の遅れによると考えています。とはいえ、「紅ほっぺ」はこのあと1月〜2月上旬にかけて1番果と2番果が続けて収穫になると思われ、この時期は年末にうまく出荷できた人たちは収量がぐっと落ちるので単価はそれほど下がらずにすむと考え、楽観的に考えています。
心配な要素が無いわけではありません。年内好調だった「かおりの」も3番果の上がりに力強さが感じられません。これは、3番果の形成時期がちょうど温度が下がり始める時期に重なること、更に2番果の肥大時期とも完全に重なっていたため、2番果までしっかり取れた分、3番果の成長に養分が行ききらなかった様な印象です。この先更に寒くなる時期ですが、負けずにしっかり燃料をたいて株が弱らないようにする必要がありそうです。

トライアスロンで言えば、これからバイクです。ここからが本番?です。

気合い入れて、2019年も美味しいイチゴを沢山作れるよう、がんばります!

今年も、よろしくお願いします!!

 

清水寺(島根県安来市)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL